歯並びのQ&A FAQ

小児予防矯正の始め時

お子様の歯並びが気になって治療したいけれど、いつ頃から矯正するのが良いの?

と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

子供の矯正は乳歯の時期もあるので、生え変わりの様子をみながら治療を開始しますが、5歳ころの乳歯のころからスタートできる治療もあります。

早めに治療を開始することで、乳歯と永久歯の歯並びを誘導しながら治療ができます。

 

そこで今回は小児矯正の始め時や治療時期による矯正の方法についてご紹介していきます。

 

【5~8歳の時期】

 

この時期はまだ乳歯の時期ですが、受け口や部分的な不正咬合の場合には早い時期に治療を開始することで、そのあとの負担が少なくなります。

プレオルソという柔らかいマウスピースをはめて、お口の周りの筋力トレーニングをして口の周りの筋肉のバランスを整えていきます。

舌の正しい位置や口を閉じる習慣など歯並びが悪くなるくせも改善していきます。

 

【プレオルソとは?】

 

 永久歯の生えそろっていない早い段階からマウスピースをはめて歯並びを悪くしている原因を調整していく方法です。

『家にいる時だけ』『寝ている時だけ』の使用なので、学校につけていく必要がないので、日常生活をする上で影響がほとんどありません。

 

取り外しができるので、お手入れが簡単で歯磨きがしやすいメリットがあります。

固定式の矯正装置は歯磨きがしにくい点がありましたが、プレオルソは取り外しができるので、今まで通りに歯磨きを行うことができます。

また、外出中は外すことができるので、見た目が気になってしまうことがありません。

 

歯並びの矯正と同時にお口の周りの筋力トレーニングも行うので、お口をしっかりと閉じる習慣がつき、矯正治療をしたあとも後戻りしにくくなります。

 

【お口の周りの筋肉のトレーニング】

 

歯並びは普段のくせが原因でガタガタになってしまうこともあります。

お口周りの筋力のバランスが崩れると舌で前歯を押したり、口呼吸が歯並びに影響を与

えてしまうのです。

 

その筋力バランスが崩れてしまうことを改善するために舌やお口周りの筋力トレーニン

グを行います。

 

 

【6~9歳の時期】

 

乳歯と永久歯が生えている混合歯列期です。

 

また、インビザラインファーストというマウスピースを用いた矯正を開始することもあります。

インビザラインファーストを使用すれば、まだ永久歯が完全に生えてきていない場合でも歯並びを整えることができます。

 

インビザラインファーストは歯列を拡大できるので、歯を並べるスペースを作るために行う抜歯のリスクを減らすことができます。

 

【小児矯正の開始時期とは?】

 

 

普段から気になるくせがある場合には5歳程度から治療を開始できます。

早い段階から治療を開始することで、お口の周りの筋肉バランスを整えて、歯並びがキレイになるように誘導していきます。

この時期から歯並びが悪くなるくせを根本から治すことで矯正治療をしたあとも歯並びの後戻りを防ぐことができます。

早くから矯正することで歯磨きの習慣もついて、悪習癖も改善できることが多いです。

 

小児矯正から開始することは、あごの成長を促して歯が並ぶスペースを確保することで大切な永久歯を抜歯しないケースが多くなる、メリットの多い治療です。

幼いころに整った歯並びを手に入れると歯磨きしやすく、お口の中をキレイな環境で過ごすことができます。

 

また、歯磨きの仕方など毎日のケア方法も定期健診などでお話しするので、自宅での歯磨きの習慣がつきます。

口元のコンプレックスがないので笑顔に自信が持てる子が多いです。

整った歯並びは親御さんからお子様へ送るステキなプレゼントではないでしょうか。

 

矯正の開始時期は少し前後する場合がありますが、口元が気になったら1度ご相談ください。

5歳程度から開始できることもありますので、歯科医院と連携しながらお口の環境を整えていきましょう。

CONTACT お問い合わせ

医院で無料矯正相談
ご希望の方はお電話で

072-290-5518

平日 9:30-12:30 / 14:30-19:00 
土曜 9:00~12:00 / 14:00~16:00 
休診日: 日曜・祝日

TEL LINEで気軽に無料矯正相談
LINEで気軽に
無料矯正相談
LINE CONSULTATION